【3DCADに最適なPCはコレ!】SOLIDWORKSに必要なスペックとおすすめのPCを紹介します

SOLIDWORKSなどの3DCADを始めるにあたって、PC選定はとても重要です。

PCのスペック次第で、CADの作業性・操作性が大きく変わるからです。

快適な作業環境のためには、高スペックのPCが必要になります。

しかし、高スペックPCの導入には初期費用がかかりますし、小規模なモデリングのために高スペックなPCを用意するのも、もったいないです。

本記事では、SOLIDWORKSを始めるにあたって、どんなPCを購入すればいいかわからないという方のために、必要なPCスペックについて解説します。

また、扱うモデルの規模に応じた、おすすめのPC(ワークステーション)を紹介します。

以下の項目に当てはまる方には、ぜひ本記事を最後までお読みいただきたいと思います。

この記事が役に立つ人
  • これからSOLIDWORKSないし3DCADを始めたいと思っている人
  • SOLIDWORKSを導入するにあたって、どんなPCを用意すればいいかわからない人
  • 現在SOLIDWORKSを使っているが、PCのスペックに不満のある人
  • SOLIDWORKSをもっと快適に使いたいと思っている人

SOLIDWORKSを導入する上で、どんなPCを購入したらいいかわからない方の一助になればと思います。

また、初期費用を少しでも抑えたいという方のために、ワークステーションの中古品の購入構成の組換えについても、本記事の最後にご紹介します。

それでは解説します。

 

SOLIDWORKSに必要なPCスペック

まずは、SOLIDWORKSに必要なPCスペックについて解説します。

SOLIDWORKSを販売しているダッソーシステムズのWEBサイトを参照します。

SOLIDWORKSのシステム要件について、下記のように記載されています。

対応OSWindows 11 , 64-bit
Windows 10 , 64-bit
Windows 7 SP1 , 64-bit
CPU3.3 GHz 以上
メモリ16 GB 以上
グラフィックボード認定済みのカードとドライバ
ドライブSSD推奨

OSはWindows10か11

OSについては、Windows10であればSOLIDWORKS2020 以降の要件を満たします。

Windows11については、SOLIDWORKS2022(SP2)以降より対応となっています。

 

当分の間、設備投資せず同じマシンを使い続けるのであれば、Windows11を選択するのをオススメします。

Windows10 は2025年10月14日にサポート終了となりますので、先んじてWindows11を導入しておくほうがいいでしょう。

ちなみに、SOLIDWORKSはMacOSには未対応です。

sugitama

私自身は、Windows10でSOLIDWORKS2017とSOLIDWORKS2022を使用しています。

CPUは3.3GHz以上ならOK

CPUについては、クロック数が3.3GHz以上であればシステム要件を満たします。

コア数についての明記はありませんが、個人的には8コア(ないし8スレッド)もあれば十分かと思います。

理由としては、SOLIDWORKSのモデリング自体はシングルコアでの処理となります。

マルチコアでの処理能力向上が発揮されるのは、

  • アセンブリファイルを開く処理
  • レンダリング(見た目の変更)処理
  • バックグラウンドでの図面の陰線処理
  • SOLIDWORKS Simulationでの解析実行やメッシュ作成
  • SOLIDWORKSを複数のアプリケーションと並行して使用する

などの限定的なシーンです。

SOLIDWORKS Simulationを用いて、ガンガン解析を行うマシンであれば、コア数を48個や96個などに増やして並列処理能力の向上を考えてもいいかもしれません。

しかし、モデリングをメインに行うマシンであれば、そこまでのコア数は必要ありません。

シングルコアでの処理能力が高めのもの(クロック数が高いもの)を選択するのがいいです。

sugitama

私自身は、Intel Xeon E3-1245v5 (3.5GHz、8コア)を使用しています。

欲を言うと、もう少しクロック数が高いと快適かなと思うときもあります。

 

メモリは16GB以上でOKだが、余裕があればなお良し

メモリについては、16GB以上あればシステム要件を満たします。

16GBというのは、あくまで最低ラインですが、問題なく使用できると思います。

より快適に使用したいという方は、32GBをオススメします。

sugitama

私自身は、16GB(8GBx2枚)ですが、ストレスなく使用できています。

後でメモリ増設できるように、空スロットが残るような構成が望ましいです。

 

グラフィックボードが重要。Quadroシリーズ必須

グラフィックボード(通称グラボ)については、「認定済みのカードとドライバ」の搭載が推奨されています。

ダッソーシステムズのWEBサイトで、SOLIDWORKS動作確認済のグラフィックボードを調べることができます。

グラフィックボードは、3D映像をモニタに描画するのに必要なパーツで、3DCADソフトを使う上で最も重要なパーツです。

sugitama

グラボがスペック不足だと、画面がカクつき、快適な設計作業はできません。

ストレスもタスクも溜まる一方です(笑)

グラフィックボードの選定

グラフィックボードは、大きく2種類に分かれます。

主に3Dゲームなどをする際に実力を発揮する「GeForce」と、主に3DCADや動画編集をする際に有効な「Quadro」の2種類です。

GeForceはDirectXというAPIに特化しており、QuadroはOpenGLというAPIに対応しています。

SOLIDWORKSマシンに搭載すべきグラフィックボードは、OpenGLに対応した「Quadro」のほうです。

現在は、Quadroシリーズの後継機としてNVIDIA TシリーズとNVIDIA RTXシリーズが販売されています。

Quadro」の文字が名前から消えましたが、Quadroの上位互換品となります。

具体的には、下記のグラフィックボードがSOLIDWORKS認定済となっています。

  • NVIDIA Quadro P/M/T シリーズ
  • NVIDIA RTX Aシリーズ
  • AMD Radeon Proシリーズ

グラフィックボードの性能に関係する指標として、「VRAM」と「CUDAコア数」の2点についてざっくりと説明します。

VRAMとは、モニタ出力用に使用できるメモリのことで、VRAMが大きいほうが処理能力が高く、安定したパフォーマンスを得ることができます。

CUDAコア数とは、GPU(グラフィック処理用のプロセッサ)のコア数のことで、コア数が多いほうがGPUの処理能力は高くなります。

厳密には、PCの構成やPCI-Expressの通信速度などによっても処理能力は変化します。あくまで傾向として理解いただけると幸いです。

SOLIDWORKSで複雑な形状や表示する部品数(特に面の数)が多くなると、描画に時間がかかり、動作がカクカクすることがあります。

そういった場合は、SOLIDWORKSの設定によって動作改善することもできます。

しかし、あまりにも動作が不安定でストレスを感じるようでしたら、よりVRAMの大きいグラフィックボードに構成を変更することも検討してもいいかもしれません。

sugitama

私自身は、NVIDIA Quadro P600 (VRAM 2GB、CUDAコア 384コア)を使用しています。

少し古い型のエントリークラスのグラボです。成形機1台分くらいの部品点数(数千点)であれば、若干のストレスを感じながら何とか使用できるレベルです。

 

ドライブはSSD推奨

ドライブについては、SSDを採用することが推奨されています。

SSDは必須項目ではありませんが、HDDに比べてSOLIDWORKSの起動もスムーズですし動作も安定します。

SOLIDWORKS自体もその他のアプリケーションについても、速さを実感できます。

ぜひSSD搭載のPCをオススメします。

sugitama

SSDであれば、M.2が一番速いですが、SATAでもmSATAでも良いと思います。

どのタイプのSSDであっても、HDDに比べて起動時間を大幅に短縮できます。

 

【目安】SOLIDWORKSで扱うモデルと必要スペックの関係

SOLIDWORKSで扱う部品点数により、必要なスペックが変わります。

実際には、部品形状にも依りますが、ざっくり目安で以下のような分類になります。

  • 部品点数が500点以下のアセンブリ ⇒ ロースペック
  • 部品点数が1万点以下のアセンブリ ⇒ ミドルスペック
  • 部品点数が1万点以上のアセンブリ ⇒ ハイスペック

それぞれに必要なスペックは下記のようになります。

CPUメモリグラフィックボード
ロースペックCore i5 以上16 GBT600
(VRAM 4GB)
ミドルスペックCore i7 以上32 GBRTX A4000
(VRAM 16GB)
ハイスペックCore i964 GB以上RTX A6000
(VRAM 48GB)

PCを購入する上で必要なスペックがわからない場合は、上記の表をもとに構成を考えてみましょう。

 

SOLIDWORKSでのモデリング以外にも、構造解析やレンダリング、アセンブリからの動画作成なども行う際は、上記スペックよりも、更に余裕を持たせたほうがいいでしょう。

sugitama

スペックが足りないと、動作がカクカクしたり、フリーズしたり、強制終了したりすることがあります。

 

SOLIDWORKSにおすすめのPC

SOLIDWORKSを導入するにあたってのオススメPCを紹介します。

価格については、調査時点での価格を記載していますので、参考価格としてご覧ください。

なお、本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

sugitama

本ページのリンクからPCを購入されると、管理者sugitamaにわずかながら報酬を頂ける仕組みになっています。

 

ロースペック Workstation

ロースペックのおすすめのワークステーションをご紹介します。

予算は20~40万円くらいは見ておくといいでしょう。

 

【HP】 Z2 Tower G9 Workstation

価格(税込)\206,030
CPUCore i5-113500 (最大4.8GHz)
メモリ16GB(16GBx1)
グラフィックボードNVIDIA T400 (VRAM 4GB)
ドライブM.2 SSD 512GB

HP製のエントリーワークステーションです。

HPのワークステーションは、国内シェアNo.1です。

「ワークステーションといえばHP」と言われるほど、品質安定性、信頼性が高いですし、サポートも充実しています。

マシン自体の容積がそこそこありますので、拡張性も高いです。

HPのワークステーションは、他社メーカーに比べて価格も高いものが多いですが、オンラインストアでは定期的にセールも開催されています。

  

【Lenovo】ThinkStation P360 Ultra

価格(税込)\208,296
CPUCore i5-12400T (最大4.2GHz)
メモリ16GB
グラフィックボードNVIDIA T400 (VRAM 4GB)
ドライブM.2 SSD 512GB

Lenovo Think Stationシリーズのワークステーションです。

今なら定価の30%OFFの上記価格で購入可能です。

 

【Mouse Computer】DAIV FX-I5N1A

価格(税込)\219,800
CPUCore i7-12700 (最大4.9GHz)
メモリ32GB(16GBx2)
グラフィックボードNVIDIA T600 (VRAM 4GB)
ドライブM.2 SSD 512GB

マウスコンピュータのクリエイター用デスクトップです。

グラフィックボードNVIDIA T1000でメモリ32GBのマシンもラインナップとしてあります。

【Mouse Computer】DAIV Z7-T1

マウスコンピュータは他のメーカーに比べてコストパフォーマンスがいいです。

 

【ツクモ】TS5J-E222BN/R/CP1

価格(税込)\127,800
CPUCore i5-12400F (最大4.4GHz)
メモリ16GB(8GBx2)
グラフィックボードNVIDIA T600 (VRAM 4GB)
ドライブM.2 SSD 1TB

ツクモのスリムタワー型ワークステーションです。

スリムタワー型は拡張性が低いですが、第12世代のCore i5とNVIDIA T600のエントリーマシンが税込13万円で購入できます。

ロースペックでの決め打ちなら、こちらがおすすめです。

(上記リンクはツクモパソコンYahoo!店のリンクとなっています。)

 

【HP】 ZBook Firefly 14 inch G9 Mobile Workstation

HP Directplus より抜粋

価格(税込)\377,300
CPUCore i7-1255U (最大4.9GHz)
メモリ16GB(16GBx1)
グラフィックボードNVIDIA T550 (VRAM 4GB)
ドライブM.2 SSD 512GB

HP ZBOOKシリーズのモバイルワークステーションです。

リモート出社や在宅勤務といった働き方も増えている中で、ワークステーションを手軽に持ち運びたい方には、ラップトップ型のワークステーションをオススメします。

モバイルワークステーションについては、こちらの記事で、より詳しく記載しています。

 

ミドルスペック Workstation

ミドルスペックのおすすめのワークステーションをご紹介します。

予算は40~60万円くらいは見ておくといいでしょう。

 

【Lenovo】ThinkStation P350 Tower
Lenovo HPより抜粋

価格(税込)\526,130
CPUCore i7-11700 (最大4.9GHz)
メモリ32GB(16GBx2)
グラフィックボードNVIDIA RTX4000 (VRAM 16GB)
ドライブM.2 SSD 512GB

Lenovo Think Stationシリーズのワークステーションです。

ロースペックでのモデルと同じですが、構成を変えることでスペックアップすることも可能です。

メモリ増設(16GB→16GBx2枚)とグラフィックボードのグレードアップ(T1000→RTX A4000)で上記値段となります。

今なら26%OFF(132,990円OFF)の \393,140 で購入できます。

 

【ツクモ】QA9J-H222/XB

ツクモHPより抜粋
価格(税込) ¥396,800
CPU Core i9-10900X (最大4.7GHz)
メモリ 32GB (8GBx4)
グラフィックボード NVIDIA RTX A4000 (VRAM 16GB)
ドライブ M.2 SSD 1TB

ツクモのプロフェッショナルGPUモデルのワークステーションです。

標準構成では、グラフィックボードNVIDIA Quadro T600となっています。

エントリークラスであれば、このグラフィックボードでも十分です。

しかし、ミドルスペックを求めるならグラフィックボードをNVIDIA RTX A4000に換装しましょう。

(グラフィックボードをRTX A4000に換装で+132,000円となり、上記価格となります)

 

ハイスペック Workstation

ハイスペック用のワークステーションになります。

予算は、100万円~となります。

【Mouse Computer】DAIV X10ーA6
マウスコンピュータ HPより抜粋

価格(税込)\1,009,800
CPUCore i9-10900X (最大4.7GHz, 10コア20スレッド)
メモリ64GB(16GBx4)
グラフィックボードNVIDIA RTX6000 (VRAM 48GB)
ドライブM.2 SSD 1TB

マウスコンピュータのハイエンドワークステーションです。

高精細かつ大規模アセンブリのモデリングやCAEを行うにはこちらのマシンがおすすめです。

 

【HP】Z4 G4 Workstation

HP Directplusより抜粋

価格(税込)\1,008,700
CPUXeon W-2235 (最大4.6GHz, 6コア12スレッド)
メモリ64GB(8GBx8)ECCメモリ
グラフィックボードNVIDIA RTX6000 (VRAM 48GB)
ドライブM.2 SSD 512GB

HPのハイエンドワークステーションです。

CPUはIntel Coreシリーズではなく、Intel Xeonシリーズを搭載しています。

Intel Xeonシリーズのメリットは、ECCメモリに対応していることです。

ECCとはエラー訂正機能のことで、メモリ内のデータが誤っていた場合に訂正できる機能です。

長時間かけての解析業務などをする際は、動作安定性と信頼性の高いマシンが求められます。

そんなマシンが欲しいという方にオススメの1台になっています。

 

【PCの予算が取れない方へ】中古品購入や自作するという一手

3DCADを動かせるほどのPCは、上記のように高価なものばかりです。

そのようなPCを買う予算がない方は、中古のワークステーションを購入したり、PCパーツを自分で構成組換えしたりすれば、購入費用をかなり抑えることができます。

sugitama

ものにも依りますが、状態の良いもので新品の半額以下の値段で購入できることもあります。掘り出し物を探すみたいで楽しいです。

中古のワークステーションを購入するのであれば、下記のWEBサイトがおすすめです。

ジャンクワールド
【Qualit】
秋葉原中古PC通販OraOrA !

中古パソコン直販

sugitama

他にもヤフオク!メルカリなどでも中古のワークステーションを安く手に入れることができます。

安く購入したワークステーションを快適に使えるようにチューンナップするのも楽しいですよ。

 

ただし、中古PCを購入する際は、中古品であることのリスク(新品に比べれば故障しやすい・メーカー保証がない)があることを理解した上で、購入するようにしましょう。

PCの知識がない方や慎重派の方は、新品のワークステーションを購入するのがいいでしょう。

sugitama

中古品を購入する際は、自己責任でお願いします。

まとめ

本記事では、SOLIDWORKSを導入するにあたって、必要なスペックについて解説しました。

SOLIDWORKS用PCを購入するステップは以下の通りです。

  1. 設計する機械の部品点数を把握する。(ざっくりでOK)
  2. 部品点数から、必要となるスペックを決める
  3. スペックに合ったPCマシンを選定する。

 

CADマシンを購入する上で、価格的にも性能的にも一番の肝になるのがグラフィックボードの選定です。

よく吟味して、費用対効果も考えながら、満足のいくマシンを導入いただけることをお祈りしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。